水槽(金魚・熱帯魚)を連れた単身引越し

↓↓↓ どー考えても、この引越し一括見積もりを使わなきゃ損です ↓↓↓

【引越し価格ガイド】

水槽(金魚・熱帯魚)の引越し

単身者の方には熱帯魚や金魚を飼っているという人も多いのはないでしょうか。

 

大切にしている金魚・熱帯魚の運搬には十分な注意を払ってあげたいもの。特に熱帯魚は水槽や水のコンディションに敏感です。

 

 

運搬の注意点

なるべく安全に水槽を運ぶためぶ、パッキングの際は下記の点に注意しましょう。

 

 

●運搬の当日にはエサを与えないようにし、水質をきれいに保つようにしたほうがより安全です。

 

●水槽のままの運搬はなるべく避けたほうがよいでしょう。水槽の底に敷いた砂が移動により舞い上がり、水が濁り魚にとって良くありません。

 

●移動には、ビニール袋を用意しておくのが良いでしょう。長距離移動の場合は、その中に酸素を充てんしておき、ビニールの口は輪ゴムなどで留めておきます。
小型魚であれば、多数一緒に入れてOK。
中型・大型魚の場合は一匹ずつ別々に入れておき、ビニール袋を破る可能性のあるサイズの魚の場合は、ビニールを二重にしておくと安心です。

 

●長距離移動の場合は保温も重要です。適切な温度を保てるよう調整できる車で移動なら問題ありませんが、そうでない場合は保温をできるように用意する必要があります。
魚を入れたビニール袋をクーラーボックスや発泡スチロールに入れ、蓋を閉めてテープでしっかり閉じておきましょう。

 

 

引越し業者に依頼する場合

パッキングも含め引越し運搬業者に全てを依頼するパッケージもあります。
相場はおよそ下記のようになっています。

 

【例】30km圏内の移動の場合:

  • 30cm程度の水槽の場合、相場は20,000円前後。
  • 60cm程度の水槽の場合、相場は30,000円前後。
  • 90cm程度の水槽の場合、相場は40,000円〜50,000円前後。

 

→水槽の大きさによっては、自身の単身引越し料金よりも高くなりますね。。

 

大きな水槽、または長距離の場合、サービスや料金設定は業者によって異なります。

 

ご自分でできる範囲の作業をして、運搬のみを業者に依頼することも可能です。
それによって引越し費用を大きく下げられる可能性もありますので、引越し業者にぜひご相談ください。

 

引越し一括見積もりを利用する場合は、下記の欄に入力するとよいと思います。

 

熱帯魚の引越しは特に追加料金を要求しない(黙認してくれる)所の方が多い様です。しかし、発泡スチロール箱などを使用して水が漏れないようにしておく必要はあるので注意してください。

 

【引越し単身パックより安い業者は??】
利用者の8割が「使ってよかった」と満足!
引越し単身パックを含めた10社の見積もりがネットですぐに取れる無料サービス↓↓

【引越し価格ガイド】