単身引っ越し 自力引っ越し

↓↓↓ どー考えても、この引越し一括見積もりを使わなきゃ損です ↓↓↓

【引越し価格ガイド】

単身引越しは自力で行った方が得なのか?メリット・デメリット

 

単身引越しなら、友人に頼んで自力で行えば一番安いんじゃない?


 

私もそのように考えて過去に2度、友人に頼んで引越しを行いました。

 

1回目は荷物も移動も少ない楽々引越しだったのでよかったのですが、2回目は荷物も増えて階段もあって、引越し作業も思いのほか大変でした。費用も意外にかかりましたね(-_-;)

 

自力引越しの料金目安

自力引越しはなんといっても「安く済む」というイメージではないでしょうか?
自力引越しは、全ての作業を自分たちで行うので、当然重労働ですし時間もかかります。わざわざそんな苦労を買ってするのは「引越し費用を安く抑えたい!」という思いからですよね。

 

しかし安いと考えがちな自力引越し、実は場合によっては高くついたりするんです。

 

実はこれだけの費用が飛ぶ
内容 費用(例)

レンタカー代

8,000円

ガソリン代

5,000円

ダンボールなどの梱包材費用

2,000円

友人への謝礼・食事代・交通費

5,000円(1名と仮定)

→ 合計

20,000円

 

どうですか?
上記例で合計すると20,000円もかかってます。

 

特に高いのはレンタカー代です。

 

軽トラックを1日借りたとして、8000円くらいはかかってしまいますし、これにガソリン代、高速代、などが加わりますので、これだけで、赤帽(約8000円〜)の料金を超えてしまいます。

 

もちろんダンボールなどは近くのスーパーなどで無料で入手することもできますし、謝礼は友人との関係次第かもしれませんが、、それでも「夕食奢るよ」くらいの謝礼はしないと気持ち悪いですよね。自分の飲み代も含めれば5,000円くらいは軽く飛びますし、もしも2名に手伝いをお願いした場合はさらに高くなりますね。

 

頑張って重労働して自力引越しする意味ありますか?

 

 

自力引越しの特徴・メリット・デメリット

メリット デメリット
  • 引越し費用が安く済む(△)
  • 引越し業者から見積りを取ったり家に呼んだりといった煩わしさがない
  • 引越しの時間がかかる
  • レンタカーの手配・返却の手間
  • 重労働で疲れる
  • 友人に対する気遣いなどで疲れる
  • 友人に対する謝礼の方法で迷う
  • 素人引越しによる家具・壁・床の破損のリスク
  • 事故やトラブルが発生した場合は全部自己負担
  • 意外に費用がかかる(○)

 

さらに上記表を見て下さい。自力引越しには意外にデメリットが多いと思いませんか?

 

そして注意したいのは自力引越しにはリスクが伴うという事です。

  • 破損のリスク
  • 事故のリスク

 

プロの引越し屋さんは荷物を運ぶ時、荷物はもちろん、壁や床を傷つけないように、と細心の注意を払って荷物を運びます。また高い運搬スキルを持っています。

 

しかし自力引越しの場合は素人で引越しするわけですから、破損・事故のリスクは高くなります。万が一、家具や家電を破損してしまったり、壁や床を傷つけてしまった場合は全部自己負担です。手伝ってくれた友人に請求するわけにもいきませんしね。。

 

何かあった場合は「引越し屋にお願いした方が安かった・・」なんて事にもなりかねません。

 

最近は引越し業者も価格競争でどんどん安くなってます。
費用もリスクも意外に高いレンタカーを使った自力引越し、あまりメリットはないと言えます。

 

赤帽や安い業者を探すほうがよっぽど効率的・経済的ではないでしょうか。

 

 

→ 次の記事「引越し一括見積もりとは?」に進む