引越しのキャンセル キャンセル料 ダンボール返却

↓↓↓ どー考えても、この引越し一括見積もりを使わなきゃ損です ↓↓↓

【引越し価格ガイド】

引越しのキャンセル料金

引越しのキャンセル料金は引越約款によって定められています。

 

(*)標準引越運送約款 第二十一条 第2項

 

まとめると下記のようになります。

  • 引越し前日 − 引越し料金の10%以内
  • 引越し当日 − 引越し料金の20%以内

 

つまり、引越し業者との契約したとしても、
前々日までのキャンセルなら、引越しのキャンセル料はかかりません。

 

また、引越約款によって定められている事なので、どの引越し業者を利用しても同じです。

 

 

尚、見積もりには料金はかかりません。

 

また見積もりを取っただけでキャンセル料云々ということは一切ないので、
見積もり取るのを躊躇している方、安心して見積もりを行って大丈夫です。

 

【一番安い業者が見つかりやすい!!】

↓↓↓ 引越し一括見積りは下記をクリック ↓↓↓

 

 

ただし・・引越しのキャンセル 注意点!

引越しの延期・日程変更でもキャンセル対象になります!

キャンセル料は「引越し業者と契約した後に自己都合により断った」場合に発生するものです。

 

しかし注意しなけばいけないのは、
「解約」だけではなく「日程変更」や「日程延期」でもキャンセル扱いとなる事です。

 

単に引越しを延期したい場合でも、きちんと前々日までに連絡する必要があるので注意しましょう。

 

ただし実際は「日程延期に関してはキャンセル料をとらない」という業者も多い様です。また、やむを得ない理由(突然の事故や病気、身内の不幸)でのキャンセルなら相談に応じてくれる事もあります。とにかく契約した引越し業者と相談してみる事をおすすめします。

 

 

え、キャンセル料金以外の料金を請求された?

大抵の引越し業者は、
契約するとすぐに大量のダンボールを置いて去っていきます。

 

何故だかお分かりですね・・?
そうです、「契約後のキャンセルをさせにくくする」のが目的です。

 

 

 

実はこれ、「断りにくい」というだけではないんです。引越約款にはこんな記述があります。

 

(*)標準引越運送約款 第二十一条 第3項

 

これはどういうことかと言うと、

 

引越し業者との契約後、もしも自己都合でキャンセルした場合、
それまでの「付帯サービスに掛かった費用を請求することがあります。」という事。
(ただし見積書に記載されているものに限る)

 

例を挙げると「業者はダンボールの回収費用を請求できる」ということになります。
ですから、「受け取ったダンボールや備品は、自費で返却する。」というのがルールなのです。

 

つまり、キャンセル料ははかからなくても実費は請求されることがある、ということです。

 

 

契約時にこういった説明を受けないことも多く、「キャンセルしたらダンボール返却しろと言われた。〇〇引越センターは悪徳・詐欺だ!」なんて口コミもチラホラ見かけますが、実はそれは悪徳業者ではないんですね。不親切な業者とは言えますけどね・・

 

というわけなので、契約するときは慎重に行わなければなりません。

 

見積り書はきちんと確認し、解約時の扱いまで担当者によーく聞いておくのがベストです。
迷っている場合は、ダンボールも余計な備品も、一旦受け取らないほうよいかもしれません。

 

【すでに契約してダンボールを受け取ってしまたという方へ・・(解決案)】

 

(案1)契約業者に相談
自己負担とは言っても無料で回収してくれる事も多いので、まずは契約した業者に相談してみましょう。特に大手なら可能性も高いです。そういったサービス・サポート面はやはり大手が勝りますので、そこは大手を選ぶメリットの一つですね。

 

(案2)新しく頼む業者にお願い
「乗り換えたい引越し業者に相談する!」いう手もあります。契約を条件に処理してくれる業者も多いので有効です。

 

 

一括見積もりで業者を厳選しよう

キャンセルで揉めるのが怖いあなた、
私は「引越し一括見積もり」が大いに役にたつと思います。

 

引越し一括見積もりをやっておけば、
営業を家に呼ばなくても何社かの料金がわかるので、自分のペースで、冷静に判断して、
一番条件がよいと思える業者と契約ができます。

 

家に来た営業に、高いか安いかわからないけど強烈な押しで契約させられて、
強引にダンボールを置いていかちゃった(T_T)

 

なんてことは絶対になくなりますよ〜

 

 

↓↓↓ すぐに料金がわかる引越し一括見積り ↓↓↓

 

>>(参考)引越し一括見積もりはここが凄い!