単身引越し見積りを安くする要素2 【安い時期・日・季節】

↓↓↓ どー考えても、この引越し一括見積もりを使わなきゃ損です ↓↓↓

【引越し価格ガイド】

単身引越し見積りを安くする方法2 【安い時期・日・時間帯を選ぶ】

引越し繁忙期を避ける

引越し料金は、一般的に引越しが集中する時期に高くなります。

 

多くの人が引越しをするのは「3月中旬〜4月上旬」「9月下旬〜10月初旬」と言われいます。
ちょうど入学や入社、転勤などの時期ですね。この時期に引越しは割高傾向です。

 

特に引越し繁忙期と言われる3月は、引越し業者が最も忙しい時期です。3月土日は相当高い見積りを事を覚悟しなければならず、場合によっては閑散期の2倍以上になるとも言われています。

 

値引き交渉も難しく、その上アルバイトなども大量動員されるため、作業員の全体的な質も悪くなる傾向です。業者は通常暇な時ほど積極的に値引きをするので、安く引越しをしようと思ったら繁忙期は避けて閑散期を選ぶことです。(>繁忙期に関しては「繁忙期予約の注意点」の記事もどうぞ)

 

繁忙期の引越しが避けられないという人は早めの予約を心掛けることですね。直前になるにつれて予約が取り辛くなり料金面でも不利になることが多いです。

 

安い日を選ぶ(平日や仏滅)

引越し料金は、一般的に土日祝日に高くなります。

 

会社勤めの人は休みの日に引越ししたい人が殆どですから、これは当然ですね。
逆に言えば、あえて平日を選ぶ事で土日に比べて2〜3割程度安くする(平均)ことができます。さらに「平日割引きキャンペーン」などの対象日と重なれば、大幅割引きを受けれることもあります。

 

あとは「大安」「仏滅」なども価格に影響することがあります。最近このような六曜の考え方を意識する事も少なくなりましたが(結婚式くらいですかね)、年配の方には気にする人もおり、これが引越し価格に影響することもあるわけです。

 

最も安くなる可能性があるのは、「仏滅」です。

 

業者によっては「平日仏滅割引サービス」等のディスカウントを行なっている場合も。
こういった割引きサービスに目を光らせておくのも、引越し費用を安く抑えるコツです。

 

〜マメ知識(六曜の考え方)〜

 

「大安」は、縁起の良い日です。
「赤口」は、時間制限付きで良い日です。午前11時〜午後1時の間だけが良い。
「先勝」は、名前のとおり午前中が良く、午後は凶という日です。引越しは午前中がベスト。
「先負」は、先勝の反対です。午前中は凶とされ、午後からが良い日です。引越しは午後がベスト。
「友引」は、特に引越しに関係なし。
「仏滅」は、縁起の悪い日です。

 

 

安い時間帯を選ぶ

引越し料金は、引越しする時間帯によっても変わります。
引越し業者と契約する場合、3つの時間形態から選ぶのが普通です。

  • 午前便
  • 午後便
  • フリー便

 

午前便

朝から引越しを行う契約です。引越し業者は朝一の指定した時間に来てくれます。

午後便

午後から引越しを行う契約です。引越し業者は午前中に別のお客の引越しを行った終わった後に来るので、午後何時に来るかは当日にならないとわかりません。午前の作業が長引くと、最悪の場合は夕方開始といったケースもあるので、そのぶん料金は安めです。

フリー便

業者の予定に合わせて、午前便にも午後便にもなりうる契約です。午後になるか午前になるかは、通常は前日までに業者から連絡があります。業者の都合に合わせるので料金は最も安めです。

 

 

特に時間にこだわりがない人は「フリー便」の利用がお勧めです。
最も安いですし、業者の予定が埋まらなければ午前便になる可能性もありますから。

 

 

ただし上記はあくまで基本なので業者の状況によっても料金は異なります。
訪問見積もり時に業者に「安くなる条件」を聞いてみることをおすすめします。
(「一週ずらせば料金変わりますか?」といった感じでダイレクトに聞いてしまいましょう。)

 

基本的な考え方は「その業者にとって都合いい条件の時に値引きしてくれる
ということになるので、状況によって「大手の方が中小より安かった」という事も起こり得ます。

 

ですので、見積りの比較は必ずした方がいいです。

 

 

↓↓↓ 10分後には見積り料金がわかる !! ↓↓↓